いびき対策枕

体に合った枕を選ぼう!いびきと枕の関係

 

睡眠

旅行先や出張先において、枕が変わると眠れなくなってしまうという方は少なくありません。

 

布団や毛布ではなく、枕です。

 

このことからも分かるように、枕は睡眠に大きく関わってくるものなのです。

 

枕はいびきとも深い関係にあります。

 

いびきは喉の気道が狭くなってしまい、空気の通過時に摩擦音が生じることで起きる症状のことです。

 

気道が狭くなれば狭くなるほど、摩擦が強くなれば強くなるほど、いびきもまた大きくなることになります。

 

高過ぎる枕を使用した場合、背中が気道を圧迫するのでいびきが発生することになります。

 

また、枕に頭を置くことで顎が上がると口が開きやすくなるので、これもまたいびきが大きくなる原因となります。

 

低過ぎる枕を使用した場合、顎が落ち込んでしまうので、顎によって気道が圧迫されてしまうからです。

 

つまり、枕は高過ぎても低過ぎてもいびきを引き起こす原因になるということです。

 

いびきの対策のためには自分の体に合った枕の選択が必要不可欠です。

 

正しい寝姿勢とは、立っている時と同じく、背骨が自然なS字カーブを描いている状態です。

 

そして、いびきを防ぐためには喉の気道を確保することが重要となります。

 

枕を頭に置いてみて、息苦しさを感じることなく、顎が上がったり下がったりもしていないのであればそれは自分の体に合った枕といえるでしょう。

 

また、枕は寝返りの打ちやすさも重要です。

 

寝返りが打ちにくい枕を使用した場合、首や肩に痺れが生じ、こうしたストレスでいびきが生じることもあります。

 

いびきを放っておくと、睡眠時無呼吸症候群に発展することもあるので注意が必要です。

いびきは枕を変えるだけで治るのか?

 

いびきと枕は深い関係にあります。

 

いびきの原因が枕による寝姿勢の歪みなら、最適な枕を選択すればいびきは改善されることでしょう。

 

しかし、枕を変えただけでいびきが必ず治るかというと、そうとは限りません。

 

いびきは睡眠中に正しい寝姿勢が取れていないことにより、喉の気道が圧迫されることによって発生します。

 

喉の気道にもっとも大きな影響を与えるのは枕ですが、布団やマットレスも無関係というわけではありません。

 

布団やマットレスの影響により、いびきが生じることもあるのです。

 

快適な睡眠が得られる寝具として、低反発マットレスが過去に話題になりました。

 

低反発マットレスは圧力によって形状が変化すると、ゆっくりと復元するという性質を持っており、さながら、優しく包み込まれるような寝心地を得られるのが特徴です。

 

しかし、低反発マットレスを使用した結果、首、肩、腰など、体圧が大きい部位が沈み込んでしまい、それによって寝姿勢に歪みが生じ、いびきが生じることもあるので注意が必要です。

 

 

イビキ防止に効果的なマットレスは低反発マットレスよりも高反発マットレスの方がいいですね。

 

特にマットレスの場合は寝返りが打ちやすいことがイビキ防止にもつながります。
私のような中年サラリーマンの場合は寝返り回数が減ってしまう傾向にあります。

 

寝返りを良く打てると、イビキ防止だけじゃなく、腰痛防止や腰痛改善にもつながりますよ。

 

色々なマットレスがあるのでネットで調べることをおススメします。
今、寝返りが打ちやすくて腰痛対策のマットレスとして有名なのはモットンというマットレス。
評判は色々ありますが、なんだかんだ言って腰痛対策マットレスとしては人気1です。

 

腰痛対策マットレスモットンのレビューサイトはコチラ

 

 

また、いびきは寝具だけでなく、食事や運動などの生活環境が原因となって引き起こされることも少なくありません。

 

いびきが改善されないからといってあれこれと枕を買い替えると余計な出費が増加するばかりでなく、本当の原因を見失ってしまう可能性もあります。

 

いびき対策に枕を購入し、いざ使用してみてもいびきが改善されない場合、その他の睡眠環境を整えたり、規則正しい生活習慣を心がけるなどのアプローチが必要になります。

専門医の診療が受けられる、いびき外来とは?

 

医療機関によっては、専門外来としていびき外来(睡眠時無呼吸症候群)を行っているところもあります。

 

いびきは枕の高さが合っていないことによって引き起こされることが多いですが、布団やマットレスなどのその他の寝具、食事や運動などの生活習慣なども関わってくるので、原因の特定が難しい症状です。

 

自分の体に合った枕を使ってみてもいびきが改善されないという場合、専門医の診療を受けてみるのもいいでしょう。

 

いびき外来は年齢を問わず受診することができ、特に子供のいびきの悩み相談の需要が大きいです。

 

小児の1パーセントから3パーセントは睡眠時無呼吸症候群を発症しているとされています。

 

睡眠時無呼吸症候群は睡眠中、気道が閉塞することで何度も繰り返し呼吸が止まってしまう症状です。

 

つまり、気道の閉塞によって音が生じるいびきが悪化した病気と考えることができます。

 

首が短い人、首が太い人、太っている人、顎が小さい人、扁桃腺が大きい人などは睡眠時無呼吸症候群にかかりやすいとされています。

 

小児は扁桃腺が腫れやすいので、睡眠時無呼吸症候群に陥りやすいのです。

 

小児が睡眠時無呼吸症候群を発症すると、集中力低下、情緒不安定、成長ホルモンの分泌の低下による成長障害などの症状が発生します。

 

今後の成長の妨げとなるので、子供に症状の兆候が見られたら早めにいびき外来を受診した方がいいでしょう。

 

いびきの他、子供は胸壁が柔らかいので、睡眠時無呼吸症候群を発症すると気道の狭窄にともなう胸の陥没といった症状が見られます。

いびきサプリは効果があるの?

 

薬

いびき対策としては枕や布団やマットレスなど、寝具の選択が重要です。

 

しかし、自宅で睡眠を取るのであれば最適な寝具を選択することができますが、旅行先や出張先など、寝具が選択できない環境もあります。

 

こうした状況において活用できるのがいびき対策のサプリメントです。

 

いびき対策のサプリメントとして代表的なものがカイミンの販売している『しずかなおやすみ』です。

 

しずかなおやすみはは活性化コエンザイムQ10を主成分としており、通常のコエンザイムQ10と比べると8倍の吸収力を持つのが特徴です。

 

そして、コエンザイムQ10には疲労回復効果、抗酸化作用、アンチエイジング効果などがあります。

 

いびきは睡眠中、気道が狭くなって空気の通過時に摩擦音が生じることで発生します。

 

そもそも、睡眠中にどうして気道が狭くなるかというと、それは寝姿勢も大きく影響していますが、心臓を含めた体全体の動きが鈍くなってむくみが生じ、筋肉が緩み、喉チンコなどの突起がその重みで下に下がってしまうことも関係しています。

 

しかし、コエンザイムQ10は心臓や筋肉に働きかけて睡眠中に緩みがちな喉を正常に戻し、気道を円滑に空気が流れる状態にキープしてくれます。

 

というのがいびき対策のサプリメントの効果なのですが、しかしながら、実際に体験してみたところ、いびきの改善を実感できないものがほとんどでした。

 

個人差があるのかも知れませんが、もしも大多数に効果を発揮するようならばいびき対策のサプリメントの認知度はもっと高まっているのではないかとも思います。

いびきを改善する枕を見つけるには

 

睡眠中のいびきは枕を変えることで改善することができる可能性があります。

 

いびきを改善する枕とはすなわち、自分の体に合った枕のことです。

 

枕は高過ぎても低過ぎてもいびきを引き起こす原因となります。

 

枕が高過ぎると首がくの字に折れ曲がって気道が狭くなったり、口が開きやすくなったりするので、いびきが生じやすくなります。

 

また、枕が低過ぎると顎が下がって気道が狭くなったり、舌が気道に沈みやすくなったりするので、これもまたいびきが生じやすくなってしまいます。

 

いびきは気道が狭くなることで空気の通過時に摩擦音が生じることで発生しますが、気道が狭くなると一言で言っても原因はさまざまです。

 

枕は高過ぎても低過ぎても気道を狭くする可能性があるので、自分の体に合った枕を使うことが大切となります。

 

とはいえ、自分の体に合った枕を選ぶということは簡単ではありません。

 

いくつも枕を買い替える時間と余裕があるという方はそれほど多くないことでしょう。

 

そこで、バスタオルを使用した確認方法をおすすめします

 

普段使っている枕の下にバスタオルを敷き、いびきの回数がどうなるかを確認するという方法です。

 

もしもいびきの回数が少なくなったとしたら、それは普段使っている枕が低過ぎたということになります。

 

逆に、もしもいびきの回数が多くなったとしたら、それは普段使っている枕が高過ぎるか、あるいは枕の高さはすでにベストな状態で枕の高低以外にいびきの原因があるかのどちらかです。

 

そして、枕は柔らかい素材を使用したものも多いですが、睡眠中に枕が変形することでいびきが生じることもあるので、いびき対策には型崩れしない硬めの枕が望ましいです。

バスタオルでいびき改善枕を作る

 

枕が高過ぎたり低過ぎたりすると、気道が圧迫されていびきが出やすくなる、神経に負担がかかって熟睡が難しくなるなどの悪影響が生じます。

 

質の良い睡眠を確保するためには自分の体に合った枕を使用することが大切です。

 

自分の体に合った枕が分からないのならば、バスタオルを使うといった方法もあります。

 

枕は既存のものを使用するしかありませんが、バスタオルならば巻き方を工夫するだけで高さを調整することができるからです。

 

これにより、自分の体に合った枕の高さを知るのに役立ちます。

 

バスタオルを枕代わりに使用する場合、四角く固めて布団と平行になるようにして設置します。

 

硬めのタオルなどを中に入れると睡眠中の変形を防ぐことができるのでおすすめです。

 

そして、バスタオルに頭を置いた時、自然体で立っている時と同じように額、鼻、顎、首が一直線になり、背骨がS字のカーブを描くような状態で調整を行います。

 

喉に違和感や圧迫感がある場合、巻き方を調整した方がいいでしょう。

 

体験してみた感想として、確かにバスタオルを枕代わりに使用するといびきの改善を実感することができました。

 

ただし、どうにも寝心地が悪く、夜に目が覚めてしまったり、朝に疲れが残っていたりということが少なからずありました。

 

やはり、バスタオルは睡眠中に頭の下に置くものとして作られたものではなく、寝返りを打つとしわなどができて歪んでしまうといったこともあり、枕代わりに使用する上ではデメリットが生じるようです。

いびきに悩む人におススメの枕 -YOKONE-

 

枕

一般的に、眠る時の姿勢は仰向けの姿勢がよいとされています。

 

仰向けの姿勢で軽く手を広げ、軽く足を広げた姿勢は人間としてもっとも自然体でリラックスしている状態であり、眠りも深くなるように思われるからです。

 

しかし、東洋医学の観点では、横向けの姿勢がもっとも深い睡眠を得ることができるとされています。

 

具体的に、ややうつむきがちになり、右腕を下にして軽く足を曲げ、体がS字を描く姿勢です。

 

この姿勢では、呼吸が楽にできなおかつ口を閉じやすいので自然と鼻呼吸ができる、心臓が圧迫されないので血液の循環が促進される、胃の出口である幽門部が体の右側にあるので重力の影響もあって消化が促進される、などのメリットがあります。

 

そのため、仰向けの姿勢よりも横向けの姿勢の方がリラックスすることができ、いびきも軽減されるのです。

 

なお、横向けの姿勢は回復体位とされており、救命救急の現場などでも採用されています。

 

しかし、横向けの姿勢で寝ると、重心が曲がり、左右不対称性から骨盤の歪みを引き起こすといったデメリットがあります。

 

通常の枕は仰向けの姿勢で寝るために設計されているので、横向けの姿勢で寝るのには対応していないのです。

 

そこで、横向けの姿勢で寝るために設計された枕が横向き寝促進まくら『YOKONE』がおススメです。

 

YOKONEは横向けの姿勢で寝ても重心が真っ直ぐと問うように設計されており、横向け寝のデメリットを解消し、メリットだけを獲得できるような構造となっています。

横向き寝促進まくらで深く眠れる

 

応急処置において要救護者に取らせる姿勢の一つとして、回復体位というものがあります。

 

回復体位では気道が確保されるので、自然と楽に呼吸ができるようになります。

 

そして、回復体位とは大雑把に言うと横向けの姿勢のことをいいます。

 

そして、いびきは睡眠中に気道が狭くなることで発生します。

 

そのため、横向きの姿勢で寝ることは、気道を確保していびきを改善するのにもっとも効果的と考えることができます。

 

横向き寝促進まくら『YOKONE』は横向き寝をするために設計された枕です。

 

TBSのNスタや東スポなどでも紹介され、にわかに注目を集めています。

 

モニターのデータによると、通常の枕を使って仰向きの姿勢で眠っていた時よりも、YOKONEを使って横向きの姿勢で眠った時の方が眠りが深くなるという結果が出ています。

 

また、YOKONEはただ横向き寝ができるというだけではなく、素材には頭の重みを効率よく分散するリラックスウレタンを使用しており、頭と首と肩と腕の四点を支える特許技術による特殊構造をしており、ユーザーからはぐっすりとリラックスできると評判です。

 

また、柔らかさの割に重量は1.5キログラムと重く、寝返りを打ってもずれ難くなっています。

 

枕カバーは洗濯機での丸洗いができ、リラックスウレタンは陰干しをするだけで清潔に保つことができます。

 

こうした使い勝手の良さもYOKONEのおススメの理由の一つです。

 

YOKONEのカラーバリエーションはホワイト、ピンク、ブルーの三色から選択可能となっています。

いびきはご自身だけでなく家族にも良くない

 

いびきの悩みは自分自身の眠りが妨げられるというというだけでなく、家族の眠りが妨げられることにもあります。

 

というのも、いびきというのは睡眠中、すなわち無意識下において生じるものであり、自分自身はいびきが起きていようと起きていまいとその最中については気にすることはありません。

 

しかし、家族はすぐ隣で響くいびきのために、不眠症や中途覚醒などの睡眠障害に陥りやすいのです。

 

私も旦那のいびきが五月蠅すぎるために、家庭内別居や離婚に発展しそうになりました。

 

また、さらに悪いことに、いびきをかきながら寝ている様子は傍目には熟睡しているように見えるので、それによって苛立ちも増すばかりでした。

 

しかし、旦那は豪快にいびきをかいていたものの、昼に眠そうにしていたり、疲れたりしているようなこともしばしばでした。

 

当時の私は知る由もなかったのですが、いびきをかくということはすなわち気道が狭くなって酸素不足に陥っているということなのです。

 

そのため、外から見るよりも睡眠は浅いため、長時間眠っていても疲れは取れません。

 

慢性疲労や体調不良が生じ、仕事にも悪影響が出てきます。

 

また、いびきによって睡眠の質が下がると、睡眠中に脂肪を分解するホルモンも出にくくなります。

 

脂肪が何時までも体内に残ってしまうため、痩せにくく太りやすくなります。

 

旦那は長らくメタボ体型だったので、これにはいびきによって眠りが浅くなっている影響も一因しているものと考えられます。

枕を変えていびきが治ってから

 

枕

いびきをかいて眠っている方は、外から見るとしっかりと眠っているように思えるかも知れません。

 

しかし、いびきをしているというのはすなわち、睡眠中に正常な呼吸ができていないということであり、本人の体の中では酸素供給不足が起きています。

 

そのため、いびきをかいている眠っている方は朝までぐっすりと眠っているのではなく、朝までぐっすりと眠らなければ疲れが取れない状態に陥っているということなのです。

 

以前、私の旦那はいびきによる寝不足に悩まされていました。

 

また、いびきが酷くなり、睡眠時無呼吸症候群のような症状が発生することもありました。

 

睡眠時無呼吸症候群は重度のいびきのようなものであり、睡眠中の気道が狭くなり過ぎて、何度も繰り返し呼吸が止まるといった状態に陥ります。

 

いびきが長距離走とすれば睡眠時無呼吸症候群は短距離走で息を荒げているようなもので、いくら眠っても全く疲れが抜けなくなってしまいます。

 

私が吟味を重ねて選択した枕を使うようになったことで、旦那のいびきと睡眠時無呼吸症候群はかなり改善しました。

 

曰く、短時間の睡眠でも疲れが取れるようになったと大喜びです。おかげさまで、私もぐっすりと安眠できるようになりました。

 

健康を維持するためには8時間の睡眠が必要という学説もありますが、睡眠で重要になるのは量ではなく質なのです。

 

睡眠の質を改善する方法としては枕を変える他、アロマやヒーリングミュージックを使ったり、眠る前に軽いストレッチをしたり、食事の内容を変えたり、さまざまなアプローチがあります。